社員は自分の会社の社員を見て育つ。この言葉をモットーに貴社の社員や職員の教育や育成に貢献する会社。

株式会社ビューチェンジ

人を育てる5つのポイント

1.社員自身で目標を把握し気づきを与える

投稿日:

しっかり仕事したいと思う人ならばだれしも「スキルアップしたい」、「満足度の高い仕事をしたい」といった目標を持っている。私達はそれを達成するうえでのサポート役だ。

企業には、「自社の従業員にこう育ってほしい」という人事施策がある。しかしそれを無理やり社員に適用しようとするのは無理がある。社員の具体的な育成プランの作成にあたっては、相手に応じて調整が必要になる。

企業が与える職務と、本人が希望する職務が食い違っていたとき、どうサポートすればよいだろうか。例えば、本人は企画に従事したいと考えているのに、営業に配属されてしまったというようなケースだ。

ここで、「営業の経験はいずれどこかで役に立つ」とか「スキルアップにつながる」といった漠然とした言葉をかけても、相手のモチベーションは保てない。相手の目標に応じて、与えられた職務が今後、どこに生かせるのかをできるだけ具体的に示し、アドバイスしないといけない。

私達は、常に理想的であるとは限らない環境の中で、どのように行動すれば目標に近づいていけるのか。これを気づかせることに集中する。
 

-人を育てる5つのポイント

Copyright© 株式会社ビューチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.