社員は自分の会社の社員を見て育つ。この言葉をモットーに貴社の社員や職員の教育や育成に貢献する会社。

株式会社ビューチェンジ

人を育てる5つのポイント

3.社員が社員に目標とされる存在を目指す

投稿日:

職務の高い技術力を持った人が、社員の育成者にアサインされるのは、社員にとってうれしいことだ。

しかし、その育成者の仕事ぶりが日々の業務を回すだけで精一杯だったり、常にトラブルに巻き込まれてドタバタしている状態だったりしたら、どうだろうか。「この人と一緒に自分の将来像を設計したら、自分まで同じようなハメになるのでは」と不安になるかもしれない。

育成者も多忙だから、それは難しいと感じる方もいるかもしれない。だが、必ずしも余裕を持って完璧に仕事を
進めることだけが求められているわけではない。

多少のミスがあっても、言動に納得感や信頼性があればよいのだ。忙しくても状況をきちんと把握して冷静に行動していたり、問題が起きてもその理由や解決策をきちんと説明できたりするのであれば、その姿はむしろ頼もしく見えるはずだ。

そうした懸念を抱かせないためにも、私達のような社員の育成サポートするスペシャリスト集団の活用が重要になってくる。育成者はいつも頼もしく安定感のある存在でないといけないからだ。

-人を育てる5つのポイント

Copyright© 株式会社ビューチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.