社員は自分の会社の社員を見て育つ。この言葉をモットーに貴社の社員や職員の教育や育成に貢献する会社。

株式会社ビューチェンジ

人を育てる5つのポイント

5.社員に会社の評価基準を把握させる

投稿日:

企業の人材育成においては、育成者と育成対象の社員のほかに、育成が成功したかどうかを見極める「評価者」が存在することを、社員に対して明確にしておくことが重要だ。

評価者は、人事考課に照らし合わせて育成対象者の査定を行い、その結果に応じて処遇(昇給や賞与、昇格など)が決まる。

考課の基準は、企業ごとに異なるのはもちろんだが、同一企業の所属する部署によっても違う。ある部門で高い評価を受けていた社員が、別の部門に異動したら評価が下がってしまったというケースも少なくない。

このような人事の仕組みを、事前に社員に教え、それを上手く利用して妥当な評価を受けられるよう、私達は社員の育成をサポートする。

 

-人を育てる5つのポイント

Copyright© 株式会社ビューチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.